フリーランスプログラマーが活躍する実態

プログラマーは企業でシステムを構築するためのプログラミングを担う場合が多いものの、だんだんと独立する人も見られるようになってきました。プログラミングができるだけではフリーランスで活躍するのは難しいのは確かですが、エンジニアに求められるシステム全般に関する知識をつければ受けられる案件は飛躍的に増えます。その点に着目して企業で働きながらシステムについて勉強し、独立してフリーランスで活躍しているプログラマーが増えてきているのが現状です。

システムエンジニアではなく、プログラマーのフリーランサーを起用するケースが増えてきているのには理由があります。高度なプログラミング技術を必要としない簡便なシステムの導入が進む一方、高度な技術がなければ開発が不可能な案件も増えているのが実態です。
簡単な技術で他社との差別化をするのが難しくなってきた影響で、優秀な人材をいかにして現場に投入するかが大きな課題となっているのです。そのため、エンジニアとしての知識も持っていてプログラミング技術に強みを持っているフリーランスの人材が重宝されるようになっています。

フリーランスプログラマーが活躍するには完全に下流工程しかできないというのでは難しく、せいぜい簡単なプログラムの開発案件の依頼を受けて細々と働く形になりがちです。上流工程にも口を出せるくらいにシステムの勉強をしたプログラマーが活躍しているのが実態だということは理解しておきましょう。